kurumingのつれづれ日記

発達障害児と日々の生活

息子の発達検査

昨日息子の発達検査を受けてきた。
息子のとっては初めての経験。


親子同室で受けることが出来たので、近くで見ることは出来て良かったけれど
やはり私がそばにいることで甘えてしまって出来なかったこともあったかも。

新版K式発達検査」という発達検査。

全く答えられなかった質問も多く、不安になってしまった。
特に色(何色かわからない)、いくつあるか(数えられない)、積み木を組み合わせて四角形を作るなどは全くできず、わからないから離席して遊びだす、ケラケラと笑ってごまかす。この笑ってごまかすところなどは家でも見たことがなく、びっくりした。

こんなことするんだ・・と。

 

1時間ほどで終了して帰宅したが、疲れたのかものすごく機嫌が悪く大変だった。
私もハラハラドキドキで疲れ切ってしまったよ。

結果は1か月後、聞きたくないような聞きたいような。複雑な心境。

言葉の遅れはその場で指摘された。まあわかっていたけれど、改めて言われるとちょっと落ち込むよね。

でもこの言葉がままならないところが可愛くもあって、その時間を長く味わえていると考えればね♪
まだまだ子どもっぽくて本当にカワイイ。
周りの子たちは3歳近くもなるとしっかりしてくるから。

今日は息子の作業療法の日。
先生とも仲良く楽しそうだから思い切り体を動かしてほしいな★

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害グレーゾーンへ
にほんブログ村