kurumingのつれづれ日記

発達障害児と日々の生活

アドラー心理学

息子のケガはあっという間に治って、若さって素晴らしい‥と実感(笑)

さて、少し読んでは閉じ読んでは閉じしていた本「イライラしないママになれる本ー子育てがラクになるアドラーの教え」をやっと読み終わりました。

 

というのも、子どもたちにイライラさせられて(いると思って)怒鳴っていた朝、ふと気づいたのです。ん、これは子どもたちにイライラさせられているのではなく、自分自身に対してイライラしているんだ!と。

朝時間が無いのにダラダラしていて準備をしようとしない4歳娘。この状況にさせてしまっている自分、娘を早く寝かせられず寝坊させてしまっている自分、もっと早くから起こして自分もきびきび動いていたらこうなっていなかったであろうに・・と。
いつも自分に対して腹を立てていた気がして。

 

そのうっぷんを怒鳴ることで解消していた、子どもたちはその発散させるためのきっかけにすぎない。うまく表現できないけれど、とにかく原因は子どもだけにないんだと気づき、この本をもっと読んで何かヒントにしたいと思ったのです。

 

読んで正解でした。一番納得したのは自分へのダメ出しのページ。私は昔から自分にずっとダメ出しして生きてきた。だから自己肯定感も低く、イライラしがちでした。
とくに月に1回ホルモンの乱れのせいで、イライラは助長され、そのせいで余計に疲れやすく、気持ちも塞ぎがちでした。

 

気持ちの乱れの原因に気づき、ダメ出しを止めて、1日笑顔で子どもたちに接することを目標に、自分の行動一つ一つを大切に過ごしてみました。

まだ3日目なので、これからはわかりませんが、とりあえず気持ちよく過ごせています(^▽^)/他の認知行動療法の本も買ってあるので、それらも併用しながらうまく気持ちのコントロールをしていけたらと思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害グレーゾーンへ
にほんブログ村 にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ
にほんブログ村